イヤイヤ期に入ってきたようです。どう対処したらいいでしょうか

kosodate-iyaiya

質問

朝起きてから夜眠るまで、なんでもイヤイヤといいます。

スカートをはかせようとして右足を促すと、イヤイヤと左足を動かし、スプーンを手渡そうとすると手を引っ込めます。それならばとテーブルの上に置くと大泣きです。なんでもイヤイヤ……親のほうはイライラして自己嫌悪です。どう対処したらいいのでしょうか?

スポンサードリンク




回答

大変ですね。でもイヤイヤの時期は人間として出発しようとする時期です。祝!人間になれ!と親として後押しをしてやりましょう。

イヤイヤ期は一人の人間として出発する時期

思春期に訪れる反抗期をご存知ですね。

陰でタバコを吸ったり(笑)、ばばあ!と言ったり(笑)、親が怒るような事をわざわざやったあげくに育ててもらったご恩などすっかり忘れて(笑)親を白い目でにらんだりの反抗は、おおかたの人は経験しているはずです。思春期に表れる反抗は第二反抗期です。

では第一反抗期は?というとこれが幼児期に出現する「イヤイヤ期」なのですね。反抗期は自分自身を確立していく過程に生じてきます。第二反抗期は名実ともに親からはなれて大人になるためですが、第一反抗期の「イヤイヤ期」はそれまであったお母さんとの一体感を捨てて一人の人間として出発していこうという現われの時期なのです。

それですから「イヤイヤ期」を「自我が芽生える時期」あるいは「自我確立の時期」とも言います。なんでもイヤイヤと言いますので非常に面倒で、時には親のほうも本気で怒りたい場面にも出あいますが、親として、イヤイヤ期を上手に付き合っていくことは大切なことです。

諸動物は産んだ後に必ず自立の手助けをします。人間とて同じことです。イヤイヤ期を迎えて、人間として出発していこうというわが子を、楽しく後押ししてやろうという気持で進んでいったらいいと思います。

スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加