絵本読みが面倒で飛ばして読んでしまいます。これで良いのでしょうか?

ehon-yoni

質問

絵本読みが得意ではありません。

面倒くさいので、読んで!とせがまれると、ときどきページを飛ばして「はい!おしまい!」にしてしまうことがあります。もうじき3歳の娘はページが飛ばされたことがわからないらしく「おもしろかったねぇ」と言います。ちょっと罪悪感を感じています。

スポンサードリンク




回答

絵本との出会い、初めはかじること、めくること

活字が苦手なお母さんは結構いらっしゃいますよ。忙しすぎると子どもと向き合う時間が面倒になったりすることもありますね。短い絵本ですとちょっとの時間で終わりますから、初めはそんな形で入ることもいいのではないでしょうか。

そのうちに本を読んでもらっている子どもの目が輝いているのに遭遇したり、物語から派生する遊びで子どもの思考が膨らんで来ていることを体験すると、もっと読んであげようかな、という気持が芽生えてくるかもしれません。

読んであげるあげないは、また別のこととして、少し絵本のお話しをしますね。

子どもが絵本と出会う始まりは、自分で手に持って絵本として遊ぶのではなく、まずはオモチャとして遊ぶことからではないでしょうか。
かじること、めくること、挿絵の色使いをなでること(笑)。

読んでもらえる頃になると特定の一ページが好きになったりします。そしてその好きなところが出てくるのを真っ先にめくろうとしたり、そこが出てくるのをじっと待つことができたりします。このあたりが絵本に向き合う第一歩目が出たというところでしょうか。

子どもはどんな箇所が好きなのかな?とおおよその分析をすると、擬音の箇所だったり、意味はわからないけどおもしろい言葉がある場所だったり、絵の美しさだったり、立体的な図柄の場所だったり、インパクトの強い例えばライオンの目だったりします。

自分の好きなページがやってくるのを子ども達は今か今かと待ちます。

ただし2才前後までは、待っているそのページが終わるとどこかに行ってしまいます。このとき読み手は深追いしません。そのページまで待つことができてすごい!位に考えればいいと思います。

そして今度は読み手が待つ番です。毎日がそこで終わっても、必ず次のページに興味が出てくる日がくるからです。

そしてそれら興味のあるところがだんだんに増えて、一つの物語を終わりまで読めて次のページをたくさん待つことができて、そんなことを繰り返しているうちにストリーがわかる4歳くらいの年齢になるのです。

絵本についている文言を忠実に読む事が大事 アドリブ挿入はむしろ害

そんな過程を経ていく<読み聞かせ>の基本は、絵本についている文言に忠実に読むということです。つまり誰が読み聞かせをしても同じ展開になるということが大事です。なぜなら、子どもは自分の好きな一ページを今か今かと待っているからです。

だからこそ、ご質問のようにページを飛ばすと、子どもの待っているものがその中にあったら一大事!ということになります。そして飽きた段階で辞める。これらのことに気をつけながら、ゼロ歳児の頃から周囲に本を置く習慣にすればかなりの本好きになるはずです。

読み手は、足したり(余計な言葉を挟んだり、リアクションをつけたりすること)引いたり(めんどくさがってページを飛ばす)しないで、がんばってくださいね。

絵本は集中力と想像力を育てて行く源です。集中力は学力獲得に役立ちますし、想像力は人間関係に大いに役立ちます。

人の気持を想像することは<おもいやる>ことにつながり、社会でとても必用です。どちらも人生で長く使っていかなければならない大切な、そしてなくてはならないアイテムですね。

ちょっとでいいから、毎日少しでいいからどうぞ絵本に親しませる機会を作ってあげてください。

スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加