保育ママとして働く♪東京都の場合♪(板橋区)

itabasiku-hoikumama

<板橋区>行政からの呼びかけ

「自宅(在宅)またはベビールーム(区施設)で、お子さんを預かる家庭福祉員として活動しませんか」

スポンサードリンク




板橋区で保育ママになる場合、どんな要件が必要ですか

次の全ての要件を満たした上に東京都が行う研修を全日程受講できる方です。

■区内在住の25歳から62歳までの健康な方で以下の全ての条件を満たす方。

1、就学前のお子さんを養育していない方。
2、子育ての経験がある方。
3、お預かりするお子さんの保育に専念できる方。

4、板橋区が行う実習に参加できる方。
5、在宅希望の場合は、保育専用室として自宅の1階に9.9平方メートル(6畳)以上の部屋を用意できる方。2階以上の場合は、児童定員2人までとなります。

板橋区で保育ママになる場合、どのように認定されるのですか

上記の1~5の要件をすべて満たした上で、下記の要領で認定されます。
一次選考…作文・書類

二次選考…一次選考合格者を対象に6月末頃に面接をします。合格者を東京都の研修受講者として推薦します。

■東京都の研修日程はだいたい下記の通りです。

保育士の資格のない方は認定研修(8月、9月、10月の土日祝日の7日間、合計88時間)。
保育士の資格のある方は基礎研修(10月から12月の4日間、合計21時間)。会場は飯田橋セントラルプラザなど。費用は大体4000円。

三次選考…都の研修受講後に区の保育実習を受講します(保育園勤務経験者は13日程度、経験者は23日程度です。年明けの1月頃です)認定の可否は以上を総合的に判断した上で決定されます。

板橋区で保育ママになる場合、どんなお子さんを何人預かるのですか

板橋区民で保育希望日の初日現在で生後43日から2歳までの健康な乳幼児です。生まれてからの受付となります。

アレルギー等のある場合は、事前に十分に保護者と御相談してくださいね。区外にお引越しをされたお子さんを受託することはできません。また新入所の数日は慣らし保育という短い時間の保育をします。受託人数に空きがある場合は月の下旬に自治体より家庭状況の審査に受かった乳幼児が紹介されてきます。

保護者と面接をして受託が決まったら契約書を交わします。

給食や離乳食やおやつなどは作らなければなりませんか

場合によっては作らなければならないこともありますが、お弁当持参されるのが主です。
食事・ミルク・おやつ・寝具・衣料など、お子様の育児に直接必要な物は、保護者の実費負担です。

勤務時間や年間のお休みなどはどうなりますか

お子さんをお預かりする時間は8:30~18:00までです。17:00~18:00は 特例保育となり別途料金となります。延長保育も可能です。
日曜日、国民の祝日、12月29日から1月4日まで、区が認めた研修日、家庭福祉員の年次休暇日

お預かりする曜日は月曜日から金曜日までですが 土曜日のスポットで受託する場合もあります。保護者との相談になります。お休み・・・ 年末年始(12月29日~1月4日)、国民の祝日、区が認めた研修と家庭福祉員の年次休暇の日。

研修などお勉強する機会はあるのですか

あります。自治体主催が年に2回。その際は保護者が休暇を取るか代替保育者が保育をします。研修の内容は救命救急他保育の内容です。

事故が怖いです。どんな対応がされていますか

Ⅰ事故5億円の保険に加入します。費用は年間を通して自治体より支払われる基盤整備費に含まれています。

板橋区での保育ママ認定人数はどのくらいですか

30名くらいです。

定年は何歳ですか

65歳。

お給料はどのくらいですか

保護者から頂くのは基本保育料17000円雑費2,000円~6,000円。時間外料金が発生する場合は1時間400円です。自治体からは運営費として77,200円、土曜日保育をするのであれば援助補助費用1回につき11,000円。

基盤整備費・補助者雇用費などが年間単位で549440円が出ます。受託する赤ちゃんがいない場合の収入はありません。開設準備金は100,000円です。

募集期間と提出書類をおしえてください

6月上旬までに、履歴書(写真貼付、保育園などの勤務経験がある場合はその旨を明記)・作文「家庭福祉員志望の動機と抱負について」(A4版・400字程度)・保育士資格のある方は保育士証の写し・在宅希望の場合は自宅の平面図を)。

以上を直接または郵送で、板橋区役所・保育サービス課民間保育振興係まで提出します。

6月半ばより一次選考(作文、書類)二次選考(研修)、三次選考(実習)などがあり認可が決定されるのは翌年1月頃です。

※自治体発行の保育関連のリスト(区役所窓口でもらえます)

スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加